mocharina❤︎着ぐるみ脱いで旅!

旅行・観光地、そこで食べたグルメなどのエピソードを綴っています。

対馬土産、磯の香りが吹き抜けるイカの塩辛とアオサを食べる!

こんばんは、モカリーナです。

 

この記事は、対馬のお土産のイカの塩辛とアオサの紹介です。

 

楽しい旅の後はお土産を買うのが楽しみですね。

何を買いましょうかね〜✨

 

対馬といえば〜、島ですから海の幸が美味しいですよね☝️

先日あなご料理屋さんの定食で食べたアオサのお汁は、

磯の香りが鼻の中を吹き抜ける感じの美味しさでした!

 

そして、海沿いをバイクで走っていた時に見かけたイカ釣り漁船、

新鮮なイカで作られた塩辛は美味しいに違いありません。

 

忘れてはいけないのがツシマヤマネコ。

ヤマネコのパラパラ漫画付きのメモも買いましたが今回は置いといて、

グルメだけでいきましょう〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:mocharina09:20191024115430j:image

 

 

対馬のお土産・イカの塩辛とアオサ

 

対馬で食べたあなご料理の定食に、アオサのお汁が付いていました。

「観光情報館ふれあい処つしま」で美味しかったアオサとイカの塩辛を買いました。

 

イカの塩辛

 

イカの塩辛は味噌入りと柚子味の2種類が販売されていました。

120g入り694円(税抜き)。

 

イカ釣り漁船

 

漁港でイカ釣り漁船を見かけました。

船にはたくさんのランプが付いていて、船体には長イカと書かれていました。

夜に海に出てイカを捕ってくるんでしょうね〜✨

美味しいイカをありがとうございます。

 

f:id:mocharina09:20191024110708j:image

 

イカの塩辛

 

イカの塩辛は冷凍されています。

その日に食べるのならそのまま持ち帰りもできます。

保冷パックは保冷剤2個付きで30円です。

 

f:id:mocharina09:20191024111842j:image

 

真っ白なイカの塩辛〜✨

材料はイカ・食塩・砂糖・一味のみ。

余分な物が一切入っていないから、店員さんが保冷パックを勧めてくれたんですね。


f:id:mocharina09:20191024111839j:image

 

細切りの塩辛は、とても弾力があります。

ほんのりと優しい塩味に柚子のお味がします。


f:id:mocharina09:20191024111835j:image

 

ご飯に乗せていただきます(๑˃̵ᴗ˂̵)!

美味しくて、たまりません〜。

ご飯が進みますー!

 

アオサのお汁

 

密閉してあるアオサの袋からは磯の香りがこぼれてきます。

30g入り648円(税抜き)。

アオサをたっぷり入れたシンプルなお汁でいただきました。

 

手抜きのアオサのお汁

  • だしの素
  • 薄口醤油
  • ごま
  • ネギ
  • アオサ

をカップに入れて、お湯を注ぎます。

 

f:id:mocharina09:20191024113822j:image

 

手抜きなのに、むちゃくちゃ美味しい。

アオサの軽やかな食感に、爽やかな磯の香りが吹き抜けるようです〜。

 

20g入りと30g入りを悩んだのですが、お得感もあり多いのにしました。

大正解でした〜✨

 

あなご料理のお店で食べたアオサのお汁はとっても美味しかった、さすがです。

 

f:id:mocharina09:20191024114542j:image

 

 

まとめ

 

対馬旅行のお土産にイカの塩辛とアオサを買いました。

 

対馬は自然が豊かなとても美しい島でした。

イカの塩辛の材料はシンプルで余計な物が一切使われていません。

弾力があってとても美味しいです。

お茶漬けにするのもおススメです。

 

アオサは爽やかな磯の香りと軽やか食感と、お上手なお味が楽しめます。

 

緑と青い海が美しい対馬ですが、海岸にはペットボトルや発泡スチロールが流れ着いていました。発泡スチロールは粒が粉々に砕け、回収するにはとても困難な作業になると伺えます。

 

魚が間違えて食べても危険です。

改めて自然環境の保全の大切さを実感しました。

 

主人Gさんと2人、バイク一台とフェリーに乗って対馬観光をしました。

(2019年10月18〜20日の旅。)

 

それでは次回また、モッチャリーナ(๑˃̵ᴗ˂̵)!

 

www.mochatabi.com

 

www.mochatabi.com

 

www.mochatabi.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡