mocharina❤︎着ぐるみ脱いで旅!

旅行・観光地、そこで食べたグルメなどのエピソードを綴っています。

【福岡県宗像市】世界遺産「宗像大社」のパワースポット巡り・高宮斎場

こんばんは、モカリーナです。

 

この記事は福岡県の世界遺産「宗像大社」の紹介です。

(2020年2月18日に高宮斎場について追記、更新しました。)

 

 2017年7月に「宗像大社」は世界遺産に認定されました。

宗像大神「降臨の地」と言われる宗像大社はとても神聖な雰囲気です。

広大な敷地は見どころ満載でたくさんのパワースポットがあります。

 

宗像大社は第一宮とされ、第二宮、第三宮を巡ると宗像三宮を参拝したことになると言われています。

拝殿で手を合わせた後、強力なパワースポットで人気の場所を巡ってきました。

 

f:id:mocharina09:20190314102212j:image

 

 

世界遺産「宗像大社」パワースポット巡り

 

神門をくぐると右側にはお守りや絵馬、おみくじの売店があります。

 

f:id:mocharina09:20190314104617j:image

 

案内図です。

 

f:id:mocharina09:20190314111630j:image

 

社殿と末社

 

本殿を囲んで22の社殿に122の末社が鎮まっています。

大化改新の時に神社の私有を認められた「神郡」。宗像大社は九州で唯一認められた「八神郡」のひとつです。

 

22の社殿のひとつ。

ひとつずつ社殿に手を合わせてきました。

 

f:id:mocharina09:20190314103107j:image

 

ここには6つの末社が鎮まっています。

 

f:id:mocharina09:20190314103122j:image

 

御神木

 

社殿の間にある樹齢約550年の楢の木は、宗像大社の御神木です。

大きく育った枝は沢山の杭で支えられていました。

 

f:id:mocharina09:20190314103210j:image

 

絵馬堂

 

交通安全の神として知られる宗像大社の絵馬殿。思い思いの願い事が描かれています。

 

f:id:mocharina09:20190314103711j:image

 

強力なパワースポットへ

 

高宮参道

 

高宮祭場までの道のり。

鳥居を超えて右手に高宮祭場、左手に第二宮・第三宮があります。

 

f:id:mocharina09:20190314104726j:image

 

御神木・相生の樫

 

高宮祭場に行く道中にある樫の木。

 

二本の木が仲睦まじく交差しあった樹木。

太古より男女の絆を深め恋愛が実り、夫婦円満の福徳があると伝えられてきました。

 

f:id:mocharina09:20190314105909j:image

 

高宮祭場

 

隠岐島で行われていた社殿祭祀以前、自然崇拝の姿を体感できる古代祭場です。

高宮参道へは途中急な階段があり、約5〜10分で高宮祭場へ着きます。

 

(2020年2月15日に再度参拝したので、追記しました。)

階段が何段もあるので、足の弱い方は参拝が難しいかな〜と思いました。

 

f:id:mocharina09:20200218084744j:image

高宮斎場は神籬(樹木)を依代としていて、社殿が建設される以前の神社祭祀を継承しており、全国でも稀な祈りの空間となっています。

 

f:id:mocharina09:20200218085646j:image

 

宗像境内の中でも最も神聖な場所と言われています。

柵から奥には入れません。

聖域には三本の木がありました。


f:id:mocharina09:20200218085015j:image

 

斎場前に割符守が300円で販売されていました。

表面には年齢・氏名を、裏面に願い事を書きます。

それを半分に割って左のお札を1年間大切に持っておきます。

 

モカリーナも願い事を1つ書いて、お札をかける場所に吊るしてきました(*´꒳`*)

ご利益がありそうです!

 

f:id:mocharina09:20200218085849j:image

 

第二宮・第三宮へ

 

神明造りの第二宮と第三宮は同じ敷地内にあります。

「御心」と描かれた手洗い石にはお水は溜まっていませんでした。

 

f:id:mocharina09:20190314110645j:image

 

第二宮

 

第二宮には沖津宮の田心姫神が鎮まっています。

玄界灘のほぼ真ん中に位置する周囲約4kmの沖ノ島。この島にある沖津宮は女人禁制であり、男性でも上陸時に海中での禊をしないといけません。

 

この第二宮で参拝できます。

 

f:id:mocharina09:20190314111508j:image

 

第三宮

 

第三宮には大島の辺津宮のが湍津姫神が鎮まっています。

 

f:id:mocharina09:20190314112053j:image

 

神宝館

 

国宝八幡店を収蔵展示する博物館です。

昭和29年から46年まで3回にわたる沖島の発掘調査を受けて、

1980年に建てられた鉄筋コンクリート3階建ての博物館です。

 

f:id:mocharina09:20190314114023j:image

 

  • 開館時間  9:00〜16:30(入館は16時まで)
  • 年中無休
  • 拝観料  大人800円、高・大生500円、小中生400円  など

 

館内展示

  • 1階  シアターパネル
  • 2階  沖島神宝
  • 3階  社伝神宝

 

三笠殿下応制歌歌碑

 

昭和50年御題「まつり」でお詠みになられた御歌。

記念歌碑は殿下自ら筆をとられたもので、同年10月に妃殿下と共に参拝の時に建立されました。

 

f:id:mocharina09:20190314114537j:image

 

<御朱印>

 

駐車場前の社務所で御朱印を記入してもらえます。

 

f:id:mocharina09:20190314115701j:image

 

駐車場

とても広い駐車場があります。

バスも出ていますが本数が少ないので、参拝には車をお勧めします。

 

f:id:mocharina09:20190314113947j:image

 

境内にいたネコちゃん

 

ひなたぼっこした、とても人慣れしたネコちゃん。

 

f:id:mocharina09:20190314114403j:image

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡